従来からあるテレビコマーシャルに乗せられる形で…。

従来からあるテレビコマーシャルに乗せられる形で…。

従来からあるテレビコマーシャルに乗せられる形で…。

オンラインゲームを使用されているお金を、仮想通貨ではなく本当の現金と交換するRMTに注目が集まっています。中国で調べたところ、連日インターネットカフェでゲームに囚われる若者たちが非常に目立つようになってきたとのことです。

様々なスマホゲームアプリが提供されていますが、「無料で課金アイテムを供する!」などと謳っている非道なポイントサイトもあるので注意が必要です。

以前は課金なしのままですと、ゲームが進行しなくなったりするのが大半でしたが、この頃では無課金でも問題がないソーシャルゲームも登場してきたようです。よくなってきたということでしょうね。

モンストは、「パズル&ドラゴンズ」に比肩するスマホゲーム大流行の立役者とも言えるアクションゲームに違いありません。キャラを戦うことになる敵にぶつけてやっつけるというシンプルなルールのお陰で、急激に日本全国を制覇していきました。

ゲームを進めている中でアイテムなどを入手する時に払うお金は、仮想通貨と称されていますが、この仮想通貨はリアルに携帯電話料金にオンされてか、クレジットカードを利用して払うことにより初めて自分のものになるのです。


ひとつのスマホゲームが長期間人気を保つことは皆無です。その理由としましては、無課金のままでやっていると切り抜けられない場面に遭遇する、課金ユーザーと戦っても勝利することは期待できないなどがあると思われます。

「2500ポイントまで貯まったので、前から欲しかったアイテムを入手しよう!」というように、ゲームをしている間は、貯まっているポイントが通貨単位を意味しているということです。これが仮想通貨というものです。

ある部分までは無課金だったとしましても十分遊べますが、次の局面にいきたいと思うような時は、課金可能なお金をたくさん所持している人がアドバンテージを持つことになるのは仕方のないことです。

いまやコラボレーションというやり方で、人気が衰えない作品がソーシャルゲームの中で活躍する場面があったりなど、版権物をうまく利用したソーシャルゲームが多くリリースされるようになったそうです。

スマホゲーム用のポイントサイトに掲載の広告を閲覧するとか、アンケートに協力したりするだけで、ギャラとしてガチャが引けるポイントを手に入れることができると言うわけです。


当然ですが、無課金または僅かな課金をするユーザーといいますのが、マーケットの90%近くとなっており、バスなどに載っている際に少し楽しむ程度なので、一つのスマホゲームが長い期間プレイされ続けることは不可能かと思います。

従来からあるテレビコマーシャルに乗せられる形で、アプリをダウンロードしたユーザーの方も20%を越えるくらいいて、TVのコマーシャルの有用性は、未だ健在だということですね。

大多数の最新スマホゲームに関して言うと、チュートリアルがで終わったら、ガチャを引くことができると言われています。当然、突如としてレアなキャラクターをゲットすることは考えづらいですね。

聞くところによると、人気のスマートフォンにて「ソーシャルゲーム」を楽しんでいる人が、国内のゲーム市場の半分に達したそうです。

20歳以上40歳前の男の人で調査してみたところ、25%程度の人が課金を行ったことがあるということがわかったそうです。予想以上の人が無料のソーシャルゲームで、お金を使っているわけです。

 

トップへ戻る